top of page

第9回 朗読指導者養成(アクティブラーニング4)足立

本日のテーマは

力を抜いて読んでみよう! です。


題材は

夏目漱石の「坊っちゃん」です。


力を抜いて読むと、聴き手には

普段の話し声のように聞こえ、ストレスが少なく聞こえます。


力を抜いて読むというのは

普段話しかけるように読むということです


今回は、ぼそぼそ脱力して読むチャレンジをしました。

これがかなり難しい・・・

いつもの読み方で声を潜めて読むのとは訳が違う


普段話す時は、語尾が上げたり、はねたりしませんので!




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page